サイト改善・運営のご相談窓口 電話番号03-3261-7431 メールアドレス:office@aao.ne.jp

注目テーマ
JIS、総務省運用ガイドライン
リニューアルCMS導入
職員の啓発
タブレット・スマートフォン対応

現在位置:トップページ > トピックス > 2011年のトピックス

無料A.A.O.公共機関
ウェブサイト通信

解説コラム、セミナー情報、調査結果等、公共機関ウェブサイト担当者様向けに最新情報をメールでお届けします。

改正JIS対応に関する
お問い合わせ

サイト内容やJIS規格対応支援等のサービスについてのお問い合わせ、お見積もり・ご相談・ご依頼は以下のお問い合わせフォーム(SSL)で承っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

2011年のトピックス


コラム:災害時に求められる「ニーズの把握」

先天性の弱視の視覚障害を持つ立場から様々な情報発信を行っているCocktailz(カクテルズ)伊敷さんのコラムの第2回目は、災害時の障害者支援における状況把握の課題についてお話しいただきます。

2012年1月開催:情報分類改善策、自治体サイトの使い勝手セミナー

アライド・ブレインズでは、2012年も公共サイト担当者様向けに様々なテーマのセミナーを開催予定です。

1月26日午前は、情報分類の基本的な考え方から具体的な改善方法、アクセスログ解析や利用者ニーズ調査に基づいた実践方法について解説します。

午後は大妻女子大学社会情報学部の金城先生と女子大生の皆さんのご協力を得て、「ユーザー視点で検証する自治体サイトの使い勝手」について解説します。

A.A.O.特別セミナー開催「改正JISに基づく方針策定の方法と注意点」

「JISの文章は専門的で解釈が難しい」
「具体的な取組み方法や模範例が知りたい」

公共機関の皆さまから寄せられるお悩みにお応えするため、改正JISに基づくウェブアクセシビリティ方針策定方法、運用モデル改定に伴い公共機関ホームページに求められる具体的な対応をテーマに、特別セミナーを開催します。

第2回 公共機関ウェブサイトの運営に関するアンケート調査実施中

ホームページ運営に関する取組みや課題をテーマに、自治体担当者様を対象にしたアンケート調査を実施中です。
調査結果は2011年12月14日開催のA.A.O.セミナー(調査協力者限定、於東京国際フォーラム)での発表を予定しております。

新連載:コラム「災害時の情報受発信」

先天性の弱視の視覚障害を持つ立場から様々な情報発信を行っているCocktailz(カクテルズ)伊敷さんに、東日本大震災以降、視覚・聴覚障害者がどのように情報を得てきたのか、その中で見えてきた課題や、災害時の情報発信の在り方とウェブアクセシビリティの必要性について3回の予定で連載いただきます。

全国607自治体のサイト実態調査結果発表

ウェブサイトのアクセシビリティ・ユーザビリティ品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第6回」調査結果を発表しました。
8月に発表した「官公庁編第5回」調査結果と同様、8割のサイトは公共サイトとしての品質に問題が見られます。

震災時におけるTwitterの利用状況とは?

当社が総務省からの委託により実施した震災時のツイッター利用状況調査の結果が、平成23年度の情報通信白書「震災時におけるTwitterの利用状況について」の記事として発表されました。

官公庁202サイト実態調査結果発表:8割がスタート地点手前

ウェブサイトのアクセシビリティ・ユーザビリティ品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査」の「官公庁編 第5回」の調査結果を発表しました。

8割の官公庁サイトが、最低限のアクセシビリティ品質を満たしていないことがわかりました。

9月集中開催! 東京と大阪で公共サイト改善支援 無料セミナー

6年目となる「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編」の調査結果発表ほか、改正JIS対応、情報分類改善、利用者視点のホームページリニューアルの具体策など、公共サイトの改善に役立つ無料セミナーを集中開催します。

東京と大阪で9月開催 公共機関向けセミナーご案内

9月2日に東京、9月6日に大阪で、公共機関向けセミナーを開催します。
午前は改正JISに基づくウェブアクセシビリティ方針策定方法、改定版「みんなの公共サイト運用モデル」への対応など、2012年度に実施すべき取組み、そのためにいますぐ着手すべき準備について解説します。

午後は「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編」の調査結果発表と、今後のサイト改善のための方策について解説します。

政党サイト実態調査:アクセシビリティ品質、公共サイト水準に及ばず

2006年から毎年実施している「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査」。6年目を迎えた今年は調査対象を大幅に拡充し、合計822サイト(昨年比106サイト増)の調査結果を発表する予定です。

7月20日に「政党編 第4回」の調査結果を発表しました。調査対象となったいずれの政党サイトも品質に問題を抱える結果となりました。

A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 2011年調査を開始

アライド・ブレインズは、公共機関ホームページのアクセシビリティ対応状況を明らかにする「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査」の2011年度調査を開始いたしました。

調査開始から6年目を迎えた2011年度は、調査対象を大幅に拡充し、合計822サイト(昨年比106サイト増)の調査結果を発表する予定です。

緊急開催「総務省モデルに基づく改正JIS対応」セミナー

2010年8月のJIS改正に伴い、公共機関の継続的なウェブアクセシビリティの確保・維持・向上を求める総務省「みんなの公共サイト運用モデル」が全面改定され、2011年4月に公開されました。

アライド・ブレインズでは、改正JISに基づくウェブアクセシビリティ方針策定方法、運用モデル改定に伴い公共機関に求められる具体的な対応について詳しく解説するセミナーを8月2日に開催します。

7月開催 公共機関向けセミナーご案内

7月29日に、午前と午後に分けて公共機関ウェブサイトの改善を支援する以下のセミナーを開催します。

総務省「みんなの公共サイト運用モデル」2010年度改定版を公表

総務省は、公的機関のウェブアクセシビリティの継続的な確保・維持・向上を支援する「みんなの公共サイト運用モデル」を全面改定し、公表しました。
アライド・ブレインズでは、改定版の運用モデルについて徹底解説するセミナーを大阪(5月18日)、東京(5月24日)にて開催します。セミナーでは総務省の担当者様にご講演いただくほか、運用モデル改定に伴い公的機関に求められる対応について、運用モデル改定研究会の事務局を担当したコンサルタントが詳しく解説します。

自治体HP担当者向けメーリングリストを開設します

大震災の発生以後、被災地域はもちろんのこと、全国の多くの自治体で、ホームページやツイッター、メール配信サービス等、様々な媒体を通じた情報発信を続けていらっしゃいます。

このたび、緊急時・災害時の情報発信に関して自治体のご担当者様どうしが現状やお悩みについて直接情報交換していただけるメーリングリストを試験的に開設いたします。ぜひご参加ください。

新年度集中開催!公共機関ウェブサイト担当者支援セミナー

アライド・ブレインズでは、新年度も様々なテーマで自治体・公共機関ウェブサイトのクオリティ向上をご支援するセミナーを開催いたします。5月中に下記のセミナーを開催するほか、災害時の情報受発信に関するセミナー開催について準備しております。日程が決まり次第ご案内いたします。

4月19日セミナー 日程変更のご案内

東日本大震災による影響を考慮し、4月19日に予定しておりましたセミナーの開催日程を5月10日に変更します。

新年度も開催!「改正JIS対応」「CMS導入」支援セミナー

2011年2月14日
アライド・ブレインズでは、新年度も様々なテーマで自治体・公共機関ウェブサイトのクオリティ向上をご支援するセミナーを開催いたします。4月19日午前は、改正JISに基づく「ウェブアクセシビリティ方針」策定の方法と注意点を解説するセミナーを開催します。また同日午後のセミナーでは、CMS導入プロジェクトを実施するにあたって必要な事前準備について解説します。

新年度も開催!「改正JIS対応」「CMS導入」支援セミナー

2011年2月14日
アライド・ブレインズでは、新年度も様々なテーマで自治体・公共機関ウェブサイトのクオリティ向上をご支援するセミナーを開催いたします。4月19日午前は、改正JISに基づく「ウェブアクセシビリティ方針」策定の方法と注意点を解説するセミナーを開催します。また同日午後のセミナーでは、CMS導入プロジェクトを実施するにあたって必要な事前準備について解説します。

A.A.O.公共機関ホームページ支援メニューのご案内

A.A.O.では、官公庁、自治体、独立行政法人、各種公共団体、民間企業などのウェブサイトのアクセシビリティ改善、ユーザビリティ改善などを強力にバックアップするサービスを行っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

全ページJIS検証プログラムAion

ウェブサイト解析CRONOS2