サイト改善・運営のご相談窓口 電話番号03-3261-7431 メールアドレス:office@aao.ne.jp

注目テーマ
JIS、総務省運用ガイドライン
リニューアルCMS導入
職員の啓発
タブレット・スマートフォン対応

現在位置:トップページ > 支援サービス > サイト運営者様向け支援サービス > 個別研修プログラム

無料A.A.O.公共機関
ウェブサイト通信

解説コラム、セミナー情報、調査結果等、公共機関ウェブサイト担当者様向けに最新情報をメールでお届けします。

改正JIS対応に関する
お問い合わせ

サイト内容やJIS規格対応支援等のサービスについてのお問い合わせ、お見積もり・ご相談・ご依頼は以下のお問い合わせフォーム(SSL)で承っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

個別研修プログラム

アライド・ブレインズ株式会社の「個別研修プログラム」をご紹介いたします。ご要望に応じて、開催場所の確保、講師の派遣、別内容の企画など柔軟に対応させて頂いております。お気軽に下記お問い合わせ先までご連絡ください。

アライド・ブレインズの「個別研修プログラム」の特徴

社内や庁内での研修や勉強会に

アライド・ブレインズが提供する「個別研修プログラム」は、ウェブアクセシビリティの基本から、具体的な事例を元に実務に役立つノウハウまで、短時間に効果的に理解できるプログラムです。社内や庁内での研修や勉強会に適した内容を用意しています。

JIS規格の正しい理解に

JIS規格では39項目の制作要件が示され、このほかに企画や運用の要件を示した6章もあります。JIS規格検討WG委員を社員が担当したアライド・ブレインズが、正しい解釈に基づいて分かりやすい解説を行います。

障害者・高齢者のウェブ利用をビデオ紹介

ウェブアクセシビリティの理解には、音声で読んでいる方、拡大をしている方、寝たきりの方、高齢の方など、様々な人がホームページを利用していることを実感することが欠かせません。アライド・ブレインズが提供する個別研修プログラムでは、実際の利用者の様子をビデオで紹介することで、本質的な理解を支援しています。

セミナー対象者

現在は、以下の2つの立場に即した個別研修プログラムを用意しています。

ウェブ制作管理、マネージャー向けプログラム

  • ウェブアクセシビリティの概要と、管理者が理解しておくべきアクセシビリティ技術、ワークフローに力点をおいたプログラムです。
  • 必ずしもHTMLを理解している必要はありません。

ウェブページ制作を行う職員、デザイナー向けプログラム

  • デザイナーが実践すべきアクセシビリティ技術に焦点をあてたセミナーです。具体的な実施方法を中心にレクチャーを行います。
  • このセミナーは、HTMLを理解しているか、オーサリングツール(ホームページビルダーなど)を利用して、実際に制作しておられる方が対象です。

個別研修プログラムの主な内容 -実務者向けの例

  1. 『ウェブアクセシビリティ』を確保するとはどういうことか?
  2. ウェブアクセシビリティJISの最新情報と行政としての対応戦略
  3. アクセシブル・ウェブデザイン実践のポイント
  4. ウェブアクセシビリティを進めるために、ウェブ担当者に求められる役割
  5. 皆さんの不安や疑問にお答えします(質疑応答)

(講演時間:約2時間)

主な講師の紹介

目次徹也(めつぎてつや)

目次の写真アライド・ブレインズ株式会社 エグゼクティブディレクター
官公庁、自治体などのウェブサイト関連のプロジェクトを多数担当。アクセシビリティ確保、CMS導入、地域コミュニケーションの活性化などについて、行政に対するアドバイザリー業務を手がけるとともに、企業のICT戦略を経営の観点を重視してコンサルティング、および企画、設計を支援。

大久保翌(おおくぼあきら)

大久保の写真アライド・ブレインズ株式会社 シニアコンサルタント
利用者にとって分かりやすく使いやすいウェブサイトの実現を支援するために、各種診断及び改善のアドバイザリー業務、リニューアル設計、掲載情報の分類見直し、CMS導入プロジェクト支援などの業務を幅広く手がける。日本規格協会情報アクセシビリティの国際標準化調査研究委員会(WG3)委員(2007~2008年度)。情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会委員(2012年度~)、WG1委員(2012年度~)WG3委員(2010年度~2011年度)。

米田佳代(よねだかよ)

米田の写真アライド・ブレインズ株式会社 コンサルタント
官公庁、自治体などのウェブサイト改善に関し、アクセシビリティ診断、ユーザ評価、CMS導入プロジェクト支援などの業務を手がける。総務省のウェブアクセシビリティ推進プロジェクトに関し、「ウェブアクセシビリティ実証実験」事務局(2001~2002年度)、「みんなの公共サイト運用モデル」の検討(2004~2005年度)、普及啓発(2005年度)、活用状況調査(2009年度)、改定の検討(2010年度)、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会WG3委員(2012年度~)など支援実績多数。『2010年改正JIS規格対応 Webアクセシビリティ完全ガイド』(日経BP社)執筆。

サービスについてのご質問・お問い合わせ

本サービスについてご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

※SSL(Secure Socket Layer) とは、お客様からの送信情報を保護するため、データの暗号化を行なう機能です。

アライド・ブレインズ株式会社
電話:03-3261-7431 / FAX:03-3261-7432
Eメール:office@aao.ne.jp

A.A.O.公共機関ホームページ支援メニューのご案内

A.A.O.では、官公庁、自治体、独立行政法人、各種公共団体、民間企業などのウェブサイトのアクセシビリティ改善、ユーザビリティ改善などを強力にバックアップするサービスを行っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

全ページJIS検証プログラムAion

ウェブサイト解析CRONOS2