サイト改善・運営のご相談窓口 電話番号03-3261-7431 メールアドレス:office@aao.ne.jp

注目テーマ
JIS、総務省運用ガイドライン
リニューアルCMS導入
職員の啓発
タブレット・スマートフォン対応

現在位置:トップページ > 支援サービス > サイト運営者様向け支援サービス

無料A.A.O.公共機関
ウェブサイト通信

解説コラム、セミナー情報、調査結果等、公共機関ウェブサイト担当者様向けに最新情報をメールでお届けします。

改正JIS対応に関する
お問い合わせ

サイト内容やJIS規格対応支援等のサービスについてのお問い合わせ、お見積もり・ご相談・ご依頼は以下のお問い合わせフォーム(SSL)で承っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

サイト運営者様向け支援サービス

公共機関等ホームページの改正JIS対応やサイト改善、リニューアルをトータルにご支援しています。

AION全ページJIS検証

Aion(アイオン)は、アライド・ブレインズが開発した改正JIS(JIS X 8341-3:2010)対応の全ページ検証プログラムです。総務省のウェブアクセシビリティ検証ツールmiCheckerのチェック項目と基準で、公開されている全ページを一括で検証します。

ウェブアクセシビリティJIS規格診断

JIS X 8341-3:2010の61の達成基準について、コンサルタントが詳細に診断し、問題点をレポートします。
(参考価格:30万円~)

達成等級・達成基準選定の支援コンサルティング

総務省「みんなの公共サイト運用モデル」で2012年度末までに公開が求められている「ウェブアクセシビリティ方針」を策定するため、目標とするJIS X 8341-3:2010の達成等級、達成基準の選定をご支援します。
(参考価格:15万円~)

ウェブアクセシビリティ方針文案の作成

総務省「みんなの公共サイト運用モデル」で2012年度末までに公開が求められている「ウェブアクセシビリティ方針」について、ホームページ上で公開するための文案を作成します。
(参考価格:15万円~)

CRONOS2ウェブサイト解析

CRONOS2(クロノスツー)は、公共機関や民間企業のホームページ改善業務を支援するアライド・ブレインズが独自開発したウェブサイト解析プログラムです。ホームページの全ファイル(同一ドメイン内)を解析し、ウェブアクセシビリティをはじめとするサイト全体の問題点をレポートします。

サイト構造(IA)/ユーザビリティ診断

サイト内の情報や機能の分類、ページツリー構造、ページ内レイアウト、ナビゲーションの仕組みや言葉、などについて利用者の視点から問題点を洗い出しレポートします。
(参考価格:20万円~)

ユーザー評価の企画/実施/分析

障害者・高齢者モニターが実際にウェブサイトを利用して、専門スタッフが設定した評価項目により評価を行います。
(価格:個別見積)

総務省モデルガイダンスサービス

品質解析プログラム「CRONOS2」によりサイト全体のアクセシビリティ傾向等を評価し、運用体制まで含めた現状把握を行なったうえで、コンサルタントが「みんなの公共サイト運用モデル」にどのように取り組むか、ガイダンスを行います。
(参考価格:50万円)

A.A.O. WQCA ウェブサイトクオリティ通年チェック&アドバイス

公共機関ホームページの運営を、アクセシビリティ・ユーザビリティの観点から年間を通してサポートします。コンサルタントによる定期的なワンポイントチェック、プログラムによる全ページ解析、コンサルタントの訪問アドバイスにより構成するサービスです。
(参考価格:スタンダードプラン84万円)

運用体制分析/改善方針立案

品質の高いウェブサイトを維持管理するためには運用の体制が極めて重要です。お客様の状況を踏まえた改善策をご提示します。
(価格:個別見積)

サイト改善方針立案(アクセシビリティ/サイト構造(IA)・ユーザビリティ)

診断の結果に基づいて、発見された問題点の分析と切り分けを行います。サイトの目的やサイト提供者のお考えを踏まえて、現ウェブサイトをアクセシブルにするための具体的な改善策をご提示します。
(参考価格:60万円~)

JIS X 8341-3:2010に基づく職員向けガイドラインや、マニュアル等の作成をご支援します。

職員向けガイドライン作成・改訂

職員がアクセシビリティ対応の重要性を理解した上で、JISに基づくページ作成を行えるよう、対応方法をわかりやすい言葉で解説したガイドラインを作成します。
(参考価格:新規作成の場合100万円~)

外部発注用対応基準書(制作仕様書)作成

リニューアルでアクセシビリティを向上する際にJIS規格の各達成基準にどのように対応するかについて、制作現場の技術、制作運用体制など現実を踏まえた基準を具体的に定めます。調達の仕様、制作基準の確認用文書として活用できます。
ガイドラインとして更新作業時のマニュアルの役割も持たせて作成される事例が多く見受けられますが、現場で適切に活用するために、それぞれ個別に作成することをお勧めしています。
(参考価格:80万円~)

サイト運用手順書作成

アクセシビリティを確保・維持するには、ウェブサイト更新の業務フローの中に配慮の手順を設ける必要があります。組織の業務を分析し、負担が少なく効果的な手順の構築を支援します。
(価格:個別見積)

更新作業用マニュアル作成

制作や運用などに関わる現場の担当者が日々参照するためのマニュアルを作成します。制作ソフトや担当される方の技術理解度に合わせて、制作の例示を多数盛り込んだ分かりやすい文書を作成します。
(参考価格:80万円~)

セミナー・研修会の企画・講師派遣

弊社の独自カリキュラムによる、アクセシビリティに関するセミナーや研修等を行ないます。

  1. ウェブアクセシビリティ入門研修(半日コース、15万円程度):多様な利用者を知り、ウェブアクセシビリティの基礎、JIS規格の概略を習得していただきます。障害のある方が実際にどのようにサイトを利用しているかを解説したビデオも上映します。
  2. ウェブアクセシビリティJIS規格研修(1日コース、50万円程度):JIS規格の制作要件を個別に解説。アクセシブルなウェブ制作の知識、基本技術、ノウハウを実習で学びます。
  3. アクセシブルなホームページ制作研修「ホームページビルダー編」など(1日コース、50万円程度~):使用されている制作ソフトの機能や操作に基づいて、分かりやすい実習を交えながらアクセシビリティに配慮のあるホームページ制作を学びます。
  4. このほかご要望にあわせた研修プログラムもご用意いたします。(価格:個別見積)

情報分類・サイト構造設計の見直し

利用者の視点を重視し、ウェブサイトに掲載されている情報のグループ分けや配置位置等の見直しを行い、探しやすい情報分類を作成します。また、トップページやメニューページ、記事掲載ページの配置要素やナビゲーションの仕組みを設計します。

テンプレート(ひな型)デザイン・構築

ウェブサイト内の代表的ページパターンを抽出し、テンプレート(ひな型)としてHTMLを設計制作します。知識と技能を持ったクリエイターが、アクセシビリティ・ユーザビリティを十分に確保します。 (参考価格:10ページ程度 25万円~)

JIS規格検証、独自ガイドライン検証

制作したページについて、JIS規格への対応、独自で策定されているガイドライン等がある場合は、独自ガイドライン等への適合度を検証しレポートします。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)導入について、初期の導入検討から、システム選定や業者選定のための仕様書作成、導入プロジェクトにおけるルール策定、品質検証などトータルにご支援します。

お問い合せ・お見積もりは

アライド・ブレインズのJIS対応サービスについてのお見積りやご依頼、ご相談は、以下のページで承っております。このページでご紹介している参考価格は全て税別です。

アライド・ブレインズ株式会社
電話:03-3261-7431 / FAX:03-3261-7432
Eメール:office@aao.ne.jp

A.A.O.公共機関ホームページ支援メニューのご案内

A.A.O.では、官公庁、自治体、独立行政法人、各種公共団体、民間企業などのウェブサイトのアクセシビリティ改善、ユーザビリティ改善などを強力にバックアップするサービスを行っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

全ページJIS検証プログラムAion

ウェブサイト解析CRONOS2