サイト改善・運営のご相談窓口 電話番号03-3261-7431 メールアドレス:office@aao.ne.jp

注目テーマ
JIS、総務省運用ガイドライン
リニューアルCMS導入
職員の啓発
タブレット・スマートフォン対応

現在位置:トップページ > 最新トピックス

無料A.A.O.公共機関
ウェブサイト通信

解説コラム、セミナー情報、調査結果等、公共機関ウェブサイト担当者様向けに最新情報をメールでお届けします。

改正JIS対応に関する
お問い合わせ

サイト内容やJIS規格対応支援等のサービスについてのお問い合わせ、お見積もり・ご相談・ご依頼は以下のお問い合わせフォーム(SSL)で承っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

最新トピックス

自治体HPのJIS対応調査結果を公表

自治体公式ホームページ(スマートフォン表示)の全ページを対象に、ウェブアクセシビリティJIS規格対応を調査し、結果を公表しました。

総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2024年版)」公表

2024年5月8日、みんなの公共サイト運用ガイドライン(2024年版)が公表されました。

2024年度公共機関ウェブサイト調査を開始

2006年より開始し19年目となる2024年度公共機関ウェブサイト調査を実施します。
A.A.O.サイト、A.A.O.セミナーにて、調査結果及び解説を公表予定です。

連載コラム「JIS X 8341-3改正動向と公共機関HPに必要な対応」

本連載では、ウェブアクセシビリティのJIS規格改正、総務省ガイドライン改訂など最新動向、JIS改正に向けて公共機関ホームページに求められる対応を解説します。

令和5年度総務省「公的機関向けウェブアクセシビリティ対応講習会」動画が公開されました

「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」に基づく取組を解説した講習会の動画が公開されました。

正しいJIS試験、新基準による検証~ AA準拠の基準が 約1.4倍に増加 ~

「みんなの公共サイト運用ガイドライン」に則った正しい試験、 JIS改正に備えた検証の取組をご支援します。

【受付開始】総務省主催「公的機関向けウェブアクセシビリティ対応講習会」

公的機関に求められているウェブアクセシビリティ対応について、政策動向及び総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」に基づく必要な取組や手順、重視すべき考え方等を解説する講習会を、全国5会場にて開催します。
(講習会事務局:アライド・ブレインズ)

【関連セミナー】総務省ガイドラインに基づくJIS対応の取組詳細を解説

先行団体の事例を踏まえ、有効な取組、誤った取組、成果を上げるための重要事項を詳細に解説します。

  • JIS改正に備える必須のアクセシビリティ対応
  • リニューアル失敗率76%から脱する方法

コラム「WCAGの最新バージョン2.2の勧告近づく」

JIS規格は、2016年に改正されてから既に7年以上経過しています。この間、スマートフォンからの利用がホームページ利用の多数を占めるようになるなど、利用環境が変化し続けており、JIS規格の内容を見直す必要性が高まっています。2023年9月現在、勧告を目指した検討が行われています。

【特別企画】公共機関サイトの17年の歴史と課題を解説

  • 2006年からの全ファイル調査結果に基づく特別セミナーを準備中
  • ホームページ品質未公開情報を公表予定
  • 調査システムのバージョンアップ開発進行中 ~スマートフォン対応分析を強化~

コラム「軽視されているユーザビリティ最大の問題「リンク切れ」」

目的を持ちサイトを訪れた利用者が、リンク切れによって情報にたどり着けなかった場合、その利用者はサイトを再訪せずに別の方法で情報を探すことが、様々な調査で明らかになっています。
リンク切れは、利用者に対する信頼を損なう致命的な問題なのです。

「中央省庁・独立行政法人・特別民間法人」全ページ調査結果を公開

ウェブサイトのアクセシビリティ(高齢者・障害者の利用への配慮)、ユーザビリティ(使いやすさ)等の品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 中央省庁・独法・特別民間法人編 第16回」を実施し、各団体の調査結果を公開しました。
過去の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

【参加受付開始】総務省主催「公的機関向けウェブアクセシビリティ対応講習会」

公的機関のウェブアクセシビリティ確保への取組に関する調査(2020年度、2021年度)結果を踏まえ、障害者基本法、障害者差別解消法、日本産業規格JIS X 8341-3:2016等により、公的機関に求められているウェブアクセシビリティ対応について、情報アクセシビリティ推進に関する政策動向及び総務省が策定した「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」に基づく必要な取組や手順、重視すべき考え方を解説する講習会を、全国3会場にて開催します。
(講習会事務局:アライド・ブレインズ)

Eレベルのサイトの5つの重要問題

多くのEレベルサイトにはユーザビリティあるいはアクセシビリティに関する重大な問題があります。リニューアル事前準備、ウェブアクセシビリティ改善等の支援事例から、主な問題点を解説します。

「中央省庁・独立行政法人・特別民間法人」全ページ調査を開始

今年で16年目となる「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 中央省庁・独 法・特別民間法人編 第16回」の調査を開始します。
調査の結果は、A.A.O.サイトにて公表予定です。
過去の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

公式HPの全ページ調査結果を公開

全国862自治体公式ウェブサイトのアクセシビリティ(高齢者・障害者の利用への配慮)、ユーザビリティ(使いやすさ)等の品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第17回」を実施し、各団体の調査結果を公開中です。調査結果より、特に注目いただきたいポイントをコラムにてご紹介します。
過去16年間の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

コラム「アクセシビリティJIS規格の改正はいつ?」

ウェブアクセシビリティのJIS規格は2016年に改正公示され、既に6年以上経過しています。次にいつ改正され、改正により何がかわるのでしょうか?

コラム「コロナ禍の情報発信 改善に向けた見直し例」

新型コロナウイルス感染症関連の情報発信に関する改善に向けた見直し例を、情報分類、サイト構造設計の内容に特化して解説します。

全国862自治体公式HPの全ページ調査を開始

2021年12月1日

2006年から毎年実施し、今年で17年目となる「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編」の調査を4月より開始します。
調査の結果は、調査結果発表セミナー及びA.A.O.サイトにて公表予定です。
過去16年間の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

「中央省庁・独立行政法人・特別民間法人」全ページ調査結果を公開

2021年12月1日

ウェブサイトのアクセシビリティ(高齢者・障害者の利用への配慮)、ユーザビリティ(使いやすさ)等の品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 中央省庁・独法・特別民間法人編 第15回」を実施し、各団体の調査結果を公開しました。
過去の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

コロナ禍で求められる品質を踏まえ、レベル表記を改定

多くの公共機関で改善指標として活用されているA.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査について、コロナ禍で求められている品質を踏まえ、レベル表記をこれまでの9段階から5段階に改定しました。

コラム「トップページ設計見直しの重要性~利用者のために情報発信者が考慮すべき点~」

利用者のために情報発信者が考慮すべき点をトップページ設計の見直しに関する内容に特化して解説します。

コラム「Eレベルを最下位に改定。コロナ禍で求められるアクセシビリティ・ユーザビリティ」

多くの公共機関で改善指標として活用されている「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査」について、コロナ禍で求められている品質を踏まえ、この度評価レベルを改定します。

新型コロナウイルス関連情報発信の課題

新型コロナウイルス関連情報のアクセシビリティ対応をご支援しています。

コラム「コロナウイルス関連情報ページで画像を使う際の注意」

コロナウイルス関連情報ページで頻発している、画像代替の問題点と対応方法を解説します。

「中央省庁・独立行政法人・特別民間法人」全ページ調査を開始

今年で15年目となる「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 中央省庁・独 法・特別民間法人編 第15回」の調査を開始します。
調査の結果は、A.A.O.サイトにて公表予定です。
過去の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

公式HPの全ページ調査結果を公開

全国862自治体公式ウェブサイトのアクセシビリティ(高齢者・障害者の利用への配慮)、ユーザビリティ(使いやすさ)等の品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第16回」を実施し、各団体の調査結果を公開しました。
過去16年間の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

コラム「外部発注に必須の第三者によるアクセシビリティ検証」

ホームページの制作を外部委託する際に行わなければならない検収確認について解説します。

全国862自治体公式HPの全ページ調査を開始

2006年から毎年実施し、今年で16年目となる「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編」の調査を4月より開始します。
調査の結果は、調査結果発表セミナー及びA.A.O.サイトにて公表予定です。
過去15年間の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

コラム「新型コロナウイルス関連情報発信の課題」

新型コロナウイルス関連情報のアクセシビリティの問題と対応の重要性について、最新動向を含めご説明します。

【回答受付中】総務省主催「公的機関ウェブサイトのアクセシビリティ確保取組状況調査」

公的機関を対象にウェブアクセシビリティの取組に関する、総務省主催のアンケート調査を実施中です。
アライド・ブレインズが調査事務局を担当します。
国の機関、地方公共団体、独立行政法人の公式ホームページご担当部署にアンケート用紙を郵送しました。
ご協力よろしくお願いいたします。

  • 総務省「公的機関ウェブサイトのアクセシビリティ確保取組状況調査」

全国862自治体公式HPの全ページ調査結果を公開

自治体ウェブサイトのアクセシビリティ(高齢者・障害者の利用への配慮)、ユーザビリティ(使いやすさ)等の品質を調査する「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第15回を実施し、各団体の調査結果を公開しました。
過去15年間の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

全国862自治体公式HPの全ページ調査を開始

2006年から毎年実施し、今年で15年目となる「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編」の調査を4月より開始します。
調査の結果は、調査結果発表セミナー及びA.A.O.サイトにて公表予定です。
過去14年間の調査結果は、団体名とともにA.A.O.サイトにて公表しています。

姫路市インタビュー「3年半かけて取り組んだ姫路市公式ウェブサイト全面リニューアル」

兵庫県姫路市は、2019年9月24日に公式ウェブサイトをリニューアル公開されました。事前準備、プロジェクトの進行過程で取り組まれた内容と、関連サイトも含めたウェブアクセシビリティ確保の取組についてご紹介いただきました。

国民生活センターインタビュー「ウェブアクセシビリティに配慮した情報発信に組織全体で取り組む」

国民生活センターでは、2005年度のデザインリニューアル以降、継続的にアクセシビリティに取り組んでこられました。早期からアクセシビリティに取り組まれた広報課の皆さんに、これまでの取組や今後の課題について伺いました。

A.A.O.公共機関ホームページ支援メニューのご案内

A.A.O.では、官公庁、自治体、独立行政法人、各種公共団体、民間企業などのウェブサイトのアクセシビリティ改善、ユーザビリティ改善などを強力にバックアップするサービスを行っております。

電話番号03-3261-7431
メールアドレス:office@aao.ne.jp

全ページJIS検証プログラムAion

ウェブサイト解析CRONOS2